首イボであっても早期発見によって治療方法が変わったりするのです

首イボの兆候が見えてきたという人は今すぐにでも何らかの対応をする必要がある理由を理解して頂けるような情報を常に発信していきたいと思います。

首イボを防ぐにあたって、あらかじめイボが発生しやすい年ごろからスキンケアを意識的におこなっておくと、とても効率的です。また、イボが発生しやすい場所をチェックする習慣をつけておけば、早期に発見しやすくなります。

■イボが発生しやすい年ごろを把握して意識的にスキンケアをおこないましょう。
イボが発生しやすい年代をあらかじめ把握しておくと、年ごろになった際に意識的にイボの発生を予防することができます。
だいたい30代前後からイボは発生しやすくなるものなので、若い人は加齢に合わせてスキンケアを意識的におこなうことをおすすめします。

また、更年期を迎えたばかりの女性は、女性ホルモンの分泌状態が変化することで、もっともイボが発生しやすい年代です。

■皮膚への摩擦が多い場所にイボが発生するケースがもっとも多いです。
イボが発生する箇所としてもっとも多い場所は、皮膚への摩擦が多い部分です。皮膚と衣服がこすれればこすれるほどに、蓄積された皮膚へのダメージに対する防御作用として、どんどん皮膚の細胞が外へと押し上げられてしまいます。例えば、ネックレスを着用して歩いていると、首イボが発生しやすくなりますし、バッグやリュックサックなどを持って歩いている場合、わき腹が衣服とこすれてイボが発生する原因になります。

また、わきはタンクトップやキャミソールなどの下着によって、もっともこすれやすい部分である上に、通気性が比較的悪く、むれやすいのでとてもイボが発生しやすい場所です。

■摩擦以外にもさまざまな形で皮膚へとダメージが蓄積されることでイボが発生します。
イボとは、皮膚への蓄積されたダメージへの防御作用によって発生するものなので、摩擦以外にもさまざまな原因で発生するものです。具体的には、紫外線を肌に直接浴びることでもイボが発生する原因になり得ます。また、肌の老廃物やばい菌をいつまでも放置しておくことで、どんどん肌に蓄積されてそのままイボになってしまうケースも少なくありません。

■適切なボディークリームの使用によってイボの発生が予防できます。
個人の体質や環境に合わせて、適切なボディークリームをあらかじめ塗っておくことで、イボの発生を予防することが可能です。例えば、保湿力に優れたボディークリームを塗っておくことで、肌をしっとりさせておけば、さまざまなものと肌との摩擦によるダメージを軽減できます。

早期発見とあらかじめの予防によってイボを防ぐことが可能です

また、BBクリームなど、紫外線を除去するための有効成分が含まれているクリームを塗っておくことで、紫外線による肌への負担が減ります。

引用文※いぼ https://kubiibocare.com/

■イボの種類を大まかにでも把握しておくことではやくイボを発見してすみやかに治療できます。
さまざまなイボの種類をあらかじめ把握しておくことで、すばやくイボを発見し、早期に治療をうながすことが可能です。例えば、「アクロコルドン」とは、首まわりや胸元などのやわらかい部分がこすれたり強く打ったりすることで発生するイボのことです。

また、首まわりをはじめとして、わきやわき腹、手、腕、足、背中など、頻繁に汗をかく部分には、「スキンタッグ」が発生します。そして、ヒトパローマウイルスというウイルスに感染することで発生するイボが、「尋常性疣贅」です。自分の体質や環境に見合った適切なクリームを探しておき、それを適切な分量使用することで、皮膚を保護してイボの発生を防ぐことが可能となります。

また、ほかの病気と同様に、イボも早期発見と早期治療が大切なので、あらかじめ大まかにでもイボの種類を把握しておき、発見したらすぐに治療してしまいましょう。

投稿日:

執筆者: